よくレシピ本に「ツナ缶の汁は捨てて…」なんて書いてあります。だから、缶詰の中のあの汁は要らないもの、食べないものなんだって思っていたことがありました。でも、その食材の旨みが出ていて、むしろ美味しいことすらあるんです。だから、捨てないでー!

缶詰の汁

■あの汁は何?
缶詰の中の汁は、煮汁やシロップ。食べられないはずがありません。ただし、塩分や油分が多すぎたり、甘みが強すぎたりと、そのまま口にするのは向かないことも。中身の具と一緒に調理をしたり、汁だけ取り分けておいて、煮物やスープ、炒め物など別の料理に使うのもおすすめです。

■捨てない方が節約でエコ!
缶詰の汁には油分が多く含まれているものがあります。それをそのまま流してしまうと、排水が汚れたり、配水管を詰まらせたりする原因になります。どうせ食べられるものなら、食べきってしまった方が節約にもなるし、地球にも優しい。

油分が多い汁を捨てるときは、揚げ油などの処理と同じく、新聞紙や布にしみこませるなどしてから可燃ゴミで捨てます。