缶詰は好きです。でも、缶詰の中には時として「缶クサイ」というか「生臭いというか」、嫌なニオイがあって、そのまま食べるのはしんどいものもあります。

捨てるのはモッタイナイ。じゃあ、そんなとき、どうするか。私は加熱します。加熱するとね、その嫌なニオイが和らいで、旨みだけがしっかり感じられるようになるんです。不思議なことに。



「いなば ひと口さば水煮」は、ちょっと生臭さを感じる缶詰でした。ただ、この缶詰の素晴らしいのはお手頃価格なところ。ローソン100で購入したので、もちろん100円(税別)。今回のように炊き込みご飯を作りたいのであれば、安い缶詰で充分なんです。

サバの炊き込みご飯

■サバの炊き込みご飯
(材料:4人分)
さば缶(いなば ひと口さば水煮
生姜 1片
醤油 小さじ1
塩 小さじ1/2
米 2合
水 必要量

1. 生姜を千切りにします。
2. 炊飯釜に研いだ米とサバ缶の汁と水、醤油を入れて、必要量に調整してから、さばと生姜、塩を加えて、炊飯器で普通に炊きます。炊きあがったら、よくかき混ぜて、できあがり。

気になるさばの生臭みは消えて、旨みたっぷりの炊き込みご飯が完成です。さばと生姜以外に具は入っていませんが、満足感あり。最近食わず嫌いが激しい我が家の2歳娘はさばの身を嫌がって食べたがらなかったのですが、無理やり一口放り込んだら、「美味しい!」のアンテナが立ったらしく、一気食いした上におかわりまでしていましたよ。だったら、最初から拒否らずに食べればいいのにさー(笑)。

缶詰にも当たりはずれや好みはあります。そのまま食べるにはイマイチな缶詰にあたってしまったら、ご飯と一緒に炊きこんでしまうのが吉です!

■使った缶詰

いなば食品 ひと口さば水煮 115g 1缶

■あわせて読みたい
とうもろこしの炊き込みご飯
オイルサーディンの炊きこみピラフ
カニとにんじんのピラフ