いなば チキンとインドカレー バターチキン

いなばのカレー缶、インドカレーも美味しいのか食べ比べ』でもレビューをしているが、もう少し詳しく、それぞれの缶詰について書いておく。

いなばの缶詰だけれど、タイカレーではなくインドカレー。でも、タイで製造している。はて、どんな味だろう、と期待半分不安半分。せいいちはカレー好きで、あちこちのカレー屋さんに足を運んでいるので、よくわかるかもしれないが、私は数えるほどしかインドカレーを食べたことがなく、バターチキンと言われてもピンとこない。

缶を開けると、赤みがかったルーと大きめのチキンが入っている。日本のカレーとは明らかに違うスパイシーさがぱっと立ち、あとからふんわりとバターの香りがする。

一口食べると、「そうそう、この味、インド料理屋さんで食べたことがある」と思い出す。私の数えるほどの経験でも、特徴的なインドカレーの味を思い出させる本格派。ほろほろと崩れるほど柔らかいチキンと、バターのコクが美味しい。ココナッツミルクの風味も感じるところが、いなばのタイカレーもちらりと思い起こさせる。

カレー屋さんのカレーは意外と高いが、この缶詰は145円だった。ご飯をつけても、200円以内というところか。レトルトでも、インドカレーとなると、なかなかこの値段では手に入らないと思う。量が少なめな柄も、本格的なインドカレーがお手頃に食べられるなら、いいのではないか。ちなみに、ご飯よりもナンの方がよく合いそうだ。

チキンとインドカレー バターチキン
購入価格:145円

好き
そのまま食べたい
お酒に合うかも